つなぐ―メディア

【番外編】ベトナム食べ歩きその②【バインセオ専門店】

2017.08.20

ランチはBANH XEO46Aにある「バインセオの専門店」に行きました!

バインセオはベトナム北部ではあまり食べられていないベトナム南部の家庭料理です。日本ではベトナム風お好み焼きと呼ばれていますが、西欧ではベトナム風クレープとも呼ばれています。

「バイン」とはパン、饅頭、ケーキなど粉をこねたもの一般を指す語で、「セオ」とは生地が熱い鉄板に触れたときにたてる音を表しているそうです。

店内に入ると地元の人で賑わっていました。こちらには日本語のメニューがあるのでベトナム語が読めなくても大丈夫!♪

まずはココナッツジュース!

初めてココナッツジュースを飲みましたが、思っていたよりも甘過ぎず、ほんのりとした甘さと冷たく冷やされていて美味しかったです!

ベトナム バインセオ

続いて「揚げ春巻き

皮がパリパリとして中身もぎっしり詰まってすごく美味しかったです!

ヌクチャムというタレを付けて食べます。このタレはもっと臭くて癖があると思いましたが、臭いも癖もなく美味しかったです! ベトナムの揚げ春巻きは日本人の口にも合うと思います^^

そしてお値段は1本なんと6千ドン(日本円で約31円)という驚きの安さ!!

ベトナム バインセオ

続いて、ここに来たら絶対に頼まなきゃ損の「バインセオ

ベンタイン市場で食べたバインセオよりも断然こっちの方が美味しい!!笑 皮のパリパリ感、皮の真ん中のもっちり感が市場とは違います! 市場の海老よりも大きくぷりぷりでした!

色んな野菜がついてますが、ミントを入れるのが私は好きでした^^ パクチーは苦手です(^_^;)

このバインセオは6万ドン(日本円で約309円)

ベトナム バインセオ

続いてこちらもフォーと並ぶくらいベトナムを代表する料理の一つ「生春巻き

ですが、生春巻きも実はベトナム南部の名物なんです。 ベトナムの首都ハノイがある北部では揚げ春巻きが一般的のようです。 首都がある北部よりも南部の料理の方が海外で有名とは面白いですね。

私は日本でスイートチリソースをつけて生春巻きを食べてましたが、こちらではピーナッツ?のような濃厚なソースをつけて頂きました。これもまた美味!!^^

こちらの生春巻きも揚げ春巻き同様、1本なんと6千ドン(日本円で約31円)!!

ベトナム バインセオ

安くて美味しい!! バインセオを食べるなら絶対こちらがオススメです!!(≧▽≦)

 

国立の情報発信メディア『つなぐーコンシェルジュ』では、lineで「〜あなただけの多摩地域ガイドブックを〜」というコンセプトで、国立を中心に多摩地域のグルメ、キャンペーン、イベント、耳寄り情報を毎週月水金の朝8時(今後回数を増やしていく予定)に配信しています。
ご興味あればlineでフォローよろしくお願いします。

lineの【友達追加】からQRコードもしくは検索からお探しください。

The following two tabs change content below.
たべりすちゃん

たべりすちゃん

家が大好きで引きこもりがちですが、 国内外問わず異文化に触れた時は全身のアドレナリンが出るくらい異文化に興味津々です! つなぐーの海外進出向けて全力で取り組みます!

お問合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
件名
お問い合わせ内容